スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

横溝正史 夜歩く


 横溝正史の、比較的初期の作品。映画化はされてなく、横溝作品の中では知名度は低い。
 「八つ墓村」でちらりとこの作品について言及されていて、「悪魔の手毬唄」と同じ鬼首村が舞台ということでちょっと読んでみようと思って手にとった。

スポンサーサイト
.18 2014 ミステリ comment0 trackback(-)

横溝正史 八つ墓村


 先日の山口県周南市での五人殺しのニュースを見て、横溝正史の小説みたいと思った人は多かったと思う。それで「犬神家」を読んだのだが、やっぱりだれもが「犬神家」じゃなくてこの作品を連想したと思うのだ。
 それで、読んでみたんだけど、これって昔読んだと思ってたんだけど読んでないような気もする。渥美清が金田一を演じた映画は観たので、そっちの覚えがあったのかな。

.28 2013 ミステリ comment0 trackback(-)

横溝正史 犬神家の一族


 先日山口県周南市の小さな集落で起こった連続殺人・放火事件。加害者の家に張り出してあった「つけびして 煙喜ぶ 田舎者」の文言がいかにも横溝作品、特に「八つ墓村」を思わせる不気味さだった。捕まってみると長年村人たちにイジメられた恨みからの犯行だということで、そのへんも横溝っぽい事件だった。
 で、つい不謹慎にも横溝作品でも読もうと思い立って本棚を漁ったらいくつか見つかったんだけど、やっぱり横溝ったらこれでしょうということで、相当久しぶりに読んでみた。

.06 2013 ミステリ comment0 trackback(-)

日本探偵小説全集8 久生十蘭集


 古本屋さんで見つけた、創元社文庫「日本探偵小説全集第8巻・久生十蘭集」。800ページものボリュームで「顎十郎捕物帳」全作にこの作家の最高傑作といわれる短編「湖畔」「ハムレット」などを収録しながら、300円で入手と超お買い得な一冊だ。
 実は先日、本屋さんで講談社文芸文庫の「湖畔・ハムレット」を買うか買わざるべきか、それこそハムレットのように悩んだ挙句、250ページで税別1250円という法外な値段に負けて買わなかったのだが、正解だった。

.23 2013 ミステリ comment0 trackback(-)

ダシール・ハメット デイン家の呪い


 ハードボイルドの祖、ダシール・ハメットは生涯に長編小説をわずか5作だけ残した。そのなかでこの「デイン家の呪い」はなぜか日本ではあまり話題にされず、1953年に「デイン家の呪」として出て以来今回のハヤカワ文庫版が56年ぶりの新訳で、入手困難な時期が長かった。当然私も今回はじめて読んだ。

.27 2009 ミステリ comment0 trackback0

タシール・ハメット コンチネンタル・オプの事件簿


 早川書房のHPを見てたらハメットの『デイン家の呪い』が新訳で登場しているではないか!これはハメットの長編の中でもなぜかずっと廃刊だったもので、いわば幻の一作だったのである。早速買ってきたのだが、なんだかすぐ読んでしまうのも惜しいので短編集『コンチネンタル・オプの事件簿』を再読してみた。

.11 2009 ミステリ comment0 trackback0

米澤穂信 夏季限定トロピカルパフェ事件


 米澤穂信の「春季限定いちごタルト事件」に続く「小市民シリーズ」第二巻。前作にもましてカヴァーの片山若子さんのイラストがウルトラキュートなこの作品、230ページくらいの分量の読みやすくて軽いミステリだ。

.27 2009 ミステリ comment2 trackback1

米澤穂信 春季限定いちごタルト事件


 方々のブログで取り上げられていて気になった、新進ミステリ(?)作家米澤穂信の「小市民シリーズ」第1弾。ここのところ続けて巨大な重苦しい作品を読んでいるので、息抜きにもちょうどよさそう。という事で読んでみた。

.16 2009 ミステリ comment2 trackback0

レイモンド・チャンドラー トライ・ザ・ガール


 先日レヴューした「キラー・イン・ザ・レイン」に続く、ハヤカワ文庫から刊行中の「チャンドラー短編全集」の第2巻。
 表題作ほか7作収録、チャンドラーの場合、短編とはいえ一作あたりの分量が結構多いので、本書も600ページとかなりのボリュームだ。

.16 2007 ミステリ comment0 trackback0

レイモンド・チャンドラー キラー・イン・ザ・レイン


 ハヤカワ文庫から刊行中の新訳による「チャンドラー短編全集」全4集の第1集。チャンドラーの短編は創元からやはり全4集の「全集」が出ていたが、こちらにはそれに含まれていなかった作品も網羅するそうで、より「全集」と言うにふさわしいと言えるだろう。
この第1集には表題作「キラー・イン・ザ・レイン」(旧訳の『雨の殺人者』)をはじめ6作が収録されている。

.07 2007 ミステリ comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ミステリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。