FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

15光年先にリングワールド

ringworld-714892.jpg
 こんな驚くべきニュースがなぜ日本のメディアでは黙殺されているのだろう。4月1日だからかな。
ESO(欧州南天天文台)による3月31日の発表で、太陽系から15光年離れた赤色矮星Gliese876の周りを人工的な建造物であるとしか考えられないリボン状の物体が周回している事が明らかになったことを公にしたのである。
 従来Gliese876には三つの惑星が存在すると考えられていたが、その根拠はドップラー偏移法に基づいていた。しかしその後の追跡観測のデータがどうしても理論的に整合せず、このずれが三つの惑星の存在では説明できないのだ。ではどうしたらこの観測データが説明できるか。巨大な固体のリボン状の物体が恒星の周囲を周回していて、しかもその軌道が不安定になって傾いたまま公転している状態を考えると完全に説明がつくのだ。もちろんESOは裏付けのために長期の観測を行い、他の可能性をすべて廃したうえでの発表となった。
 当然ながらこれが自然に形成されるはずがなく、この星系には高度な(それも人類などとは比べ物にならないほど高度な)文明がある、またはあったと言う事になる。間接的にとはいえ、地球外文明の少なくとも痕跡を発見したわけで、人類史上最大の発見といえる。

 ESOによると、この「リボン状の物体」は平均軌道半径約0.9AU、リボンの全長はおよそ4億3000万キロ。公転周期は15.6日。
 これはまさにSF作家ラリイ・ニーブンが考えた「リングワールド」そのものである。暗くて冷たい小さな恒星である赤色矮星が母星なので、ニーブンが考えたものに比べるとかなり小さいが、それでも驚くべき巨大さを持つ。いったいこの巨大なスペースにどんな文明が、文化が栄えていたのだろうか。知る事はかなわないが、創造力を刺激するものだ。
 ただし前述のようにこの天体の公転は現在かなり不安定になっていて、近い将来恒星に落下する可能性が高いと考えられる。だからこそ発見できたわけでもあるのだが、「リングワールド」の小説同様、管理する文明が滅びてしまったのだろうか。

 それにしても、他の恒星系に文明が存在するであろう事は自明の事だと考えている私にとっても、こんなものがわずか15光年先にあったなんてほんとうに驚きだ。銀河系にはこういった文明の痕跡がごろごろしているのかもしれない。そしてこういうものがあるという事は、こんなものを作るほどの技術を持つ文明が外の恒星系へ進出する事をしなかったという事を示している。それはとりもなおさず恒星間旅行など不可能なのだという事実を示しているのではないだろうか。
.01 2010 宇宙 comment(-) trackback(-)

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    2019年1月末にてすべての記事へのコメントの入力ができないようにしました。ご了承ください。
    これに伴い、これまでに書き込まれたコメントも表示できなくなりました。どうしても過去のコメントをご覧になりたい方は上記livedoorのページの同じ記事にてご確認ください。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年04月
  ├ カテゴリー
  |  └ 宇宙
  └ 15光年先にリングワールド

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近のコメント

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。